東京都世田谷区祖師谷3-8-12  フェリーチェ祖師谷 1F

受付時間


月・火・木・金: 9:00~13:00
         15:00~20:00
         水曜日:9:00~13:00     
    土曜日:9:00~17:00
定休日: 日曜

50代に多い腰痛のパターン!!

 

腰痛で悩む50代の方、必読です!!

スマホ・デスクワークより50代に多い腰痛

痛みを繰り返した結果が今のカラダ!

 

ここでは50代によくある腰痛についての症状やカラダの状態、日常生活などについてをお伝えします。

ヒトは小学校から大学までイスに座り授業を受けます。
そして、社会人になり多くの方がPC作業が多く、一生をイスの上で過ごすことが多くなります。
イスに座ることがいかに悪いかを知る必要がある。

50代は社会に出て30年ちょいになります。
50代の方の腰痛は、30代の方との状態では同じとは言えません。

30代の腰痛と同じ「痛い」ではありますが、骨の状態、筋の状態、関節の動きの状態は同じではありません。
当然、30代と同じ、朝起きて、駅まで歩き、職場に着いたらイスに8時間以上は座りっぱなし。

そして仕事が終わったら、電車にのり、家に帰宅するのは夜21時くらい。
土日は疲れて運動なんてする時間はない。
これを30代のヒトは社会に出てから10数年ですが、50代のヒトは社会に出てから30数年になります。

同じ腰痛ですが、30代の時より状態は必ず進行しています。
ヒトのカラダの成長は20歳をピークに低下していきます。
20代の時はコリ感や頭痛もあったけれども、寝れば痛みは解決していた。

社会に出てから30数年のあいだに、柔らかかった筋は凝り固まり、姿勢がよかった10代とはまったく違い、気がついたら背中の丸みを感じた。

カラダはいきなり悪くなるのではなく、20歳から少しずつ「痛み」が出ては「安静にして痛みが消える」を繰り返すことでジワジワと悪くなっていきます。

痛みが消えるタイミングで「筋と筋」、「筋と関節」は癒着し、カラダが悪くなっていく。
自分のカラダの悪さに気づくタイミングはいくつもあったはずです。

そのタイミングでカラダに正しいアプローチしておくとカラダの状態が悪くならずアプローチ期間が短く根本的なカラダの問題を解決できます。
 

自分のカラダを知る必要がある!

 

シップ薬やロキソニン薬などの痛み止めは、痛みには効くかもしれませんが、痛みを出している原因に対しては効果はありません。

痛みを出す原因がなんなのかを理解し、その根本的な原因の解決がキーポイントになります。

ここからは、30代の腰痛がどのような過程で起きてくるかを見ていきます。

若くても年は重ねている

積み重ねが腰痛の原因

 

ヒトのカラダの成長は20歳をピークに低下していきます。
これは、カラダの成長ではなく、カラダすべての成長がピークになり少しずつ低下していくことになります。

例えば、内臓だったり、骨の成長、体力も低下します。
私自身も、肝臓の低下を30代前半で体感しました。

30代のヒトは社会に出てから10数年。
まだまだカラダが元気なのは重々承知しております。

しかし、「腰の痛み」や「肩こり」「頭痛」などは10代の時に比べたらカラダの変化を感じるのではないでしょうか?

「痛み」はカラダにとって「限界です!」と教えてくれる大事なサインになります。
その大事な「サイン」を放置すると、カラダがドンドン痛みが出やすい環境が整ってしまいます。

よく『痛みが消えた』が治った!
と思う方が多くいますが、治っておりません。

ただ『痛みが消えた』だけであって腰の状態は以前より悪くなっています。
悪くなる理由は痛みを繰り返す事が、筋と筋、または筋と関節を癒着させる。
だから痛みが出やすい環境が整う。

筋肉は関節をまたいで走行していますので筋が凝り固まると関節の動きを阻害します。
阻害するからこそ関節が過剰に動く場所と動かない場所にわかれるため「カラダの動き」が変わっていく。
つまり、動作が変わってしまう。

「痛み」が出たときの対応のまちがい

腰痛だけでなく痛いならアイシング

 

「痛み」が出たときは、「安静」にしたり、「放置」したりと、若い時は時間の経過とともに痛みは消えていくと思います。

そもそも、これが大きな間違いである。
「安静」にし、痛みが消えたらカラダはどうなっているかを知る必要性があります。

痛みがある状態で「安静」にて、痛みが消えたら筋と筋、または筋と関節を癒着させる。
癒着するから、そ関節が過剰に動く場所と動かない場所にわかれるため「カラダの動き」が変わっていく。

つまり、動作が変わってしまう。

痛みが強い時期は「安静」も大切かもしれませんが、「安静」にして痛みが消えたからOKではなく、固まった組織は元に戻す作業が必要になります。

また肩こり・腰痛の時には、「筋肉を温めると良い!」と聞いたことがあると思います。
「痛い!」という時は、神経が興奮していることを表しています。
だから、神経の興奮を抑える必要があるため、「温める」ではなく「アイシング」をする。

スポーツ選手が試合後のクールダウンをするように、また足首を捻った後のように氷でアイシングをして「炎症」や「神経の興奮」を抑える。

しかし、医療機関では、「温める!」を推奨しております。
これは、温めることにより筋肉の緊張がやわらぐことを目的にしてます。

しかし、筋肉と骨はタンパク質を含み、タンパク質は熱に弱い。
温める行為が筋肉と骨の機能を失う可能性があると考えられます。

 

社会人歴 30数年の運動不足

腰痛には運動療法

 

『ヒトの動き36』という概念がある。

 子供達が行う運動パターンを、
・姿勢の平衡
・身体重心の移動
・物体の操作

の3つあります。 

多くのヒトは、この36パターンのうち1つか2つしか日常的に行わないヒトが多いのではないでしょうか。

ここ数年では、骨格矯正や〇〇療法など様々な方法が医療機関、整骨院、治療院で言われておりますが、そもそもの社会生活に、「運動多様性の減少」と、一日当たりの「抗重力時間の減少」について考える必要があると考えております。

いくらベッドでお任せのマッサージを受けても、痛み止めの注射を打っても、ヒトのカラダの根底には「自分でカラダを動かす!」事ができなければ意味がない。

だからこそ、「様々なカラダの動き」に取り組む時間を作る事こそが本質的なカラダを作る予防と言えるのではないでしょうか。

 

「忙しい!」が今のカラダを悪化させる

安静にしても腰痛は変わらない


20代後半からカラダの問題は起き始めています。
しかし、「遊びで忙しい!」「自分のカラダに費やす時間はない」など、カラダに関する優先順位が低いため「あと回し!」になってしまいます。

これで30代を過ごすとカラダへのダメージはどれほどなものになるか想像が持てると思います。

20代後半から30代の方に、「今、カラダをしっかりとアプローチすれば痛みは解消され、痛みが出ないカラダとなり、仕事や家庭でのパフォーマンスは上がります!」と伝えてもどれくらい真剣にカラダと向き合えるか!?

年齢や悩みが低いと「本気度」に差が出ます。
しかし、カラダを変えることは簡単にはできません。

痛みは安静にしたり時間と共に消えますか、20代から「痛みが出ては消え」を繰り返すと時間と共に骨は変形していったり、組織の癒着は進行していくばかりです。

だから、できるだけ早くカラダに対するアプローチをすることをオススメします。

 

腰痛になるメカニズム


これまで30代で腰痛を発症する原因についてお伝えしてきました。

しかし、なぜカラダが悪くなっていくのかの過程を知らない人が多いです。

カラダがどのように悪くなって、将来どうなるかがみえると自分での対応方法を知ることができる。

まずは、『今のカラダの状態を把握』して、『問題に対して正しいアプローチ』をする必要があります。

そのために今の現状を知るための8項目の検査!が必要になります。

 

検査すべき8つのポイント!!

姿勢骨格分析画像検査
動作評価
✔整形外科検査
✔関節可動域検査
✔運動神経検査
✔感覚(知覚)神経検査
✔自律神経検査
✔筋肉検査

腰痛の解消はシンプルに!



8種類の検査で痛みを出す根本的な原因をみつけたら、次はどうすれば問題が解決できるか。

よく医療機関では、なんとか療法、〇〇矯正、メジャーリーガーも使う最新の物理療法などを強みに出しておりますが、カラダに関わる大切な医療機関などが「今これが流行り!」とかあってはいけない。

「今流行っている」モノよりも純粋にヒトのカラダは筋・関節・神経で動いており、その機能を戻したりする方がカラダの本質的な問題解決になっていると思います。
 

 

かたまった筋・腱・靭帯の動きを作る

腰痛は組織の柔軟性を作る


 

長時間のデスクワークまたは、長時間の不良姿勢によるPC・スマホの使用により、背中が丸まり、頭部を前方に移動させる。
そうすることで首から背中全体に持続的な筋のコリが起きる。

可動域が狭い期間が長ければ長いほど、筋・関節は癒着し可動性を失う。
当然、筋・腱・靭帯は硬くなってますし、関節の動きも制限します。

いわゆる、『関節拘縮』というものです。
安静にしても、現状は何も変わりません。
筋・腱・靭帯をどのように変えていけるかが第1の課題です。

そのため、筋の緊張をなくし、伸び縮みを作る。
関節の動きも作らなければカラダは変わらない。
悪かった期間が長ければカラダが変わるまでの期間にも変化があります。

 

関節の動きを作るアプローチ

腰痛を除去し関節の動きを作る


 

「痛みを繰り返すこと」「長期間の不良姿勢」で関節が拘縮した。
だからこの固まった関節の動きを元に戻す作業が必要になります。

ただ筋肉をマッサージして筋の凝りをなくすだけでは腰痛の問題は解決されません。

関節は筋よりも深部にあります。

腰痛の問題解決には、筋肉の柔軟性も大切ですが何よりも大切なのは「関節の動き」「神経系の問題」になります。

関節の動きにも色々あります。

そる関節の動き!
捻る関節の動き!
丸まる関節の動き!
連動した関節の動き!

とそれぞれの動きがあります。
脊柱にはそれぞれ動きの役割があります。
役割がある関節が拘縮して動かなくなれば機能を失います。

関節の動く幅が狭くなることにより、筋肉が縮む・緩む機能もなくなり筋のポンプ作用がなくることで血液循環も悪くなる。
関節が動かなければ筋を柔らかくしても問題は解決しません。
筋肉の機能を最大限に活用するには、関節の動きを修正し、脊柱が連動して動く環境が必要になります。

だから気持ちいいマッサージではなく、首から背中の関節の動きを作るためのアプローチが必要になります。
しなやかに動くからこそ局所への負担が蓄積せずキャパを超えないため痛みも出ないようになります。
痛みを繰り返すから筋肉が固くなったり、関節の動きの制限を作ったり、痛みが出やすいカラダを作ってしまいます。

腰だけの問題ではなく、どうやったら局所への負担を軽減させられるか!
それは脊柱の連動性です。
この脊柱の連動性が大事な要因になります。

 

背中・腰・骨盤と柔らかい脊柱を作る

腰痛を除去し脊柱の連動性を作る

 

腰と骨盤は、胴体部分と連結してつながっています。

腰の問題を解決するには、骨盤と背中の可動域がものすごく重要になります。本来は、背中・骨盤と連動して動くはずなのに、背中が固まって動かない状態だと局所への負担が大きくかかります。

胴体にある骨は、胸椎・腰椎・肋骨・肩甲骨・鎖骨・骨盤など。
これらの関節が連動して動く。

しなやかに動くからこそ局所への負担が蓄積せずキャパを超えないため痛みも出ないようになります。

痛みを繰り返すから筋肉が固くなったり、関節の動きの制限を作ったり、痛みが出やすいカラダを作ってしまいます。首だけの問題ではなく、どうやったら局所への負担を軽減させられるか!!

それは脊柱の連動性です。

この脊柱の連動性が大事な要因になります。

 

弱化した筋・短縮した筋・伸張した筋を修正

腰痛の解決は運動療法


 

不良姿勢の問題が長いと筋の問題・関節の問題・神経の問題と色々合併します。
そこで筋には筋に対して適切なアプローチが必要になります。

関節の問題には関節へのアプローチ。
神経には神経のアプローチが必要になります。

弱くなった筋は、強化しなくてはいけません。
短縮した筋肉は、伸張できるようにしなくてはいけません。
伸張した筋肉は、短縮できるようにしなくてはいけません。

この弱くなった筋・短縮した筋肉・伸張した筋を修正するのは、ベッドに寝たおまかせの施術では修正できません。
だから、ただなんとなくのマッサージや、フィットネスジムでのトレーニング、ただ骨をボキボキならす骨格矯正、治療と謳う骨格矯正などでは姿勢の問題は解決しない理由です。

短縮してかたまった筋は手でアプローチし、弾力性を作ってから運動療法で筋の機能を回復させます。
伸張した筋は運動療法で筋に収縮する刺激を入れ伸張した筋を短縮させる。
弱くなった筋は刺激を入れ強化する。

この過程がない限り、カラダの機能は解消しない。
何度もいいますが、ただなんとなくのマッサージや、フィットネスジムでのトレーニング、ただ骨をボキボキならす骨格矯正などでは姿勢の問題は解決しない理由です。

 

それでも腰痛にお困まりの50代の方!!

例)○○○院長の○○です。
あなたのお悩みを解決します!​

代表の〇〇です。

あなたのお悩みを解決します!​

病院で治らない腰痛は当施設にお任せください!

痛みが解消された方が多数いらっしゃいます!
当施設は、8項目の検査を用いて痛みを出しているからだの問題をみつけ、根本的な原因へのアプローチを提供します。


8項目の検査の詳細はこちらをタップ


徒手アプローチでは、動かない関節のうごきを作ります。
そのために筋の伸び縮みを作り、首・背中・体幹のうごきを作ります。

運動療法では、弱くなった筋・かたくなった関節をご自身でも動かしてもらい、できるだけ自分でご自宅でも筋トレをして痛みを解消する努力もしていただきます。

痛みとは、『カラダが限界ですよ!』と教えてくれるサインになります。
その大事なサインを『痛み止めのロキソニン内服薬』で押さえ込まないで、痛みが出ないからだを作るという発想の転換が必要になります。


痛みが出ないこと=仕事に影響が出ないこと  になります。
50代に多い腰痛の問題は、『関節・筋肉・神経』 この3つへのアプローチが必要になるからです。
ただ、腰の痛みを感じる場所は腰ですが、痛みを出す原因は違う場所にあることが多いです。


この原因へのアプローチが大切になります


特に、毎日デスクワークをしている方の腰の痛みは、必ず運動療法(筋トレ)が必要になります。
ヒトのカラダは神経の命令により筋肉がちぢんで骨が動く。
筋肉だけがゆるんでも意味はない。
神経からの命令により筋肉が働き、関節の安定性を作る。


この過程がないとカラダは安定せずに再発しやすいワケになります。

営業時間

診療時間

9:00~13:00

× ×
15:00~20:00 × × ×
9:00~17:00            

お電話でのお問合せはこちら

03-6310-9150

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※下記のリンクから、本ページと関連するページのリンクを設定してください。

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ
首痛、肩こり、腰痛、股関節痛、膝痛のスペシャリスト
祖師ヶ谷大蔵にあるReeducation

03-6310-9150

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2021/04/01
ホームページを公開しました
2021/04/30
「施術メニュー」ページを更新しました
2021/04/29
「選ばれる理由」ページを作成しました

アクセス・受付時間

住所

東京都世田谷区祖師谷3-8-12 
フェリーチェ祖師谷 1F

受付時間

受付時間
月・火・木・金
AM 9:00~13:00 PM15:00~20:00

水曜日
AM 9:00~13:00

土曜日
9:00~17:00​

定休日 :日曜日

定休日

日曜日