東京都世田谷区祖師谷3-8-12  フェリーチェ祖師谷 1F

受付時間


月・火・木・金: 9:00~13:00
         15:00~20:00
          水曜日:9:00~13:00     
     土曜日:9:00~17:00
 定休日: 日曜

体温と健康

自律神経は体温・首との関連や多くの人に関係がある


平熱はたった1度上がったり下がったりするだけで、カラダには大きな変化が起こるのです。
低いままだとどうゆう問題がカラダに起きるでしょうか?


一般的に、平熱が35℃台の人は「低体温」といわれています。

体温が1°下がると免疫力が30%下がる。
免疫力が下がると、風邪引きやすいし、痛みを感じやすくなる。

低体温は病気ではありませんが、放っておくと冷え性や生理不順など、さまざまな不調につながる可能性があります。


基礎体温を測ったときに、低温期が35℃台、高温期に入っても36℃台前半の場合は、低体温といえます。
低体温になると、冷えによって血流が悪くなり、免疫力が低下するため、病気になりやすいといわれています。

女性を悩ませる冷え性や生理不順も、低体温の人によく見られる症状です。


また、体温が低い人の基礎体温グラフは、低温期が続いて高温期に入らない、もしくは入っても短いことがあります。この場合は、排卵がうまく行われていない可能性や、卵巣の機能が低下している可能性があるので注意が必要です。

 

低体温になる理由として、栄養不足(たんぱく質や油脂、ビタミン、ミネラル)、不規則な生活や運動不足、ストレスなどが挙げられます。

現代病である自律神経の問題


低体温の人はあと1度下がるともうカラダはどうなるか。。


34度というと例えば、山や海などで遭難し救出された後、生命回復ができるかどうか判別する体温で『生死の境』と言えます。自分で自分のカラダが自由に動かすことが出来ない状態です。

体温が35度台は、病気からカラダを守る免疫力も低下します。
カラダの中に、いろんなバイ菌が繁殖して、例えばカゼをひくなど私たちの健康を壊します。

もちろんガン細胞も例外ではありません。『ガン細胞は体温35度を好む』と言われ、とくに一日のうちで一番体温が下がり気味の夜寝ているときに忍び寄ってきます。

この時正常な体温だと、免疫細胞ーこれはみんなが持っているものですが、できたガン細胞を掃除してくれます。
ちなみにガン細胞は毎日3000~6000個できているそうです。

ところが、低体温だとその免疫細胞の力が弱くなってしまうのです。
また自律神経や排泄機能のバランスが崩れてしまいます。

体温が35度台だと、便秘や肌あれ、肩こりはもちろん、消化器系の不調、月経不順、むくみ、疲れやすい、風邪が治りにくいなど、管が収縮して流れが悪くなり新陳代謝も半減してしまいます。

それによって、自律神経失調症を起こします。

頭痛・首痛と自律神経


当然、『運動器疾患』である肩こり、腰痛にも体温は大きな関与があります。

このまま何の対策もしないと、低体温の状態が続きます。すると、ますます免疫力は低下、それに伴い、体調もますます悪くなってしまうのです。


赤ちゃんの体温は37度ぐらいが平均です。
大人なら微熱かな?と思う体温です。

新生児の時期はとくに高く、その後は少しずつ下がっていきます。10歳ぐらいでいったん落ち着いて、36.5度の平均を維持します。

やがて高齢になると体温は徐々に下がっていきます。若い頃と比べると、平均で02度ぐらい下がるそうです。

なぜそうなるのかという直接的な原因は明らかではありませんが、年をとると運動機能や体の生理機能が徐々に衰えていくことと関係があると言われています。

高齢になって体温が下がるのは自然の流れなのです。

しかし問題は、若い人の低体温です。先述しましたが、まだ若いのに体温が35度台しかないという人が増えています。子どもでも36度に満たない「低体温児」が最近では珍しくありません。本来ならエネルギーに満ちあふれているはずなのに。

 
なぜ体温が低い人が増えているのでしょうか?

 
その原因は、現代人のライフスタイルにあります。
運動不足や偏食、季節を問わず体を冷やすものを食べている、多忙によるストレス、肌を露出するファッション、冷暖房が効きすぎている室内環境、さらには薬や添加物の摂りすぎなどの要因が体温を下げているのです。

 つまり私たちは普通に暮らしている中でも、知らず知らず冷えを招く要因に囲まれて生活しているということになります。

 だからこそ、意識すべきは『カラダの機能』を改善する事。

『カラダの機能』とは、体温だったり、関節の動きだったり、筋の機能、神経系の伝達速度、これらを意識せず、無意識でコントロールできる身体がベストになります。

青は自律神経 首と自律神経の関与

青は自律神経由来。 自分の意志では動かせないモノが自律神経。
わかりやすいのは内臓やストレスなど。
内洞は自分の意志では動かすことができないものが自律神経になります。

赤は体性神経由来。自分の意志で動く筋肉など。

写真をみてわかるように、首まわりに青い自律神経由来が多くあります。

よって首まわりの筋肉は自律神経支配になるために、自分の意志で筋肉を動かす事はできません。

日常の精神的なストレスや不良姿勢により筋疲労が起こります。

よって、首コリの解消には、『感情のコントロール』がキーポイントになります。
ただマッサージして筋のコリが消えればいいという簡単な問題ではない。

この「感情のpコントロール」がキーポイントになります。

営業時間

診療時間

9:00~13:00

× ×
15:00~20:00 × × ×
9:00~17:00            

お電話でのお問合せはこちら

03-6310-9150

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。
※下記のリンクから、本ページと関連するページのリンクを設定してください。

ご予約・お問合せ

お電話でのご予約・お問合せ
首痛、肩こり、腰痛、股関節痛、膝痛のスペシャリスト
祖師ヶ谷大蔵にあるReeducation

03-6310-9150

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2020/10/01
ホームページを公開しました
2020/09/30
「施術メニュー」ページを更新しました
2020/09/29
「選ばれる理由」ページを作成しました

アクセス・受付時間

住所

東京都世田谷区祖師谷3-8-12 
フェリーチェ祖師谷 1F

受付時間

受付時間
月・火・木・金
AM 9:00~13:00 PM15:00~20:00

水曜日
AM 9:00~13:00

土曜日
9:00~17:00​

定休日 :日曜日

定休日

日曜日